FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算オリ講座の問題(天秤)

体験参加した算数オリンピック講座で

解けなかった問題に、

自宅で再チャレンジしました。

ヒントを与えて制限時間は10分。


私 「ヒント。具体的な分量を当てはめて考えてみよう」

ヒロ「5g(グラム)とか?」

私 「そう。それで天秤の軽重の理屈が合えば正解だね」

ヒロ「1gじゃない……2gだと合わない」


図に数字を書き込みながら試行錯誤するヒロ。


ヒロ「□を4gとすると……□2つと釣り合うのは、○が3gで2個、△が2gで1個の場合」

私 「いいね」

ヒロ「別の例では、△1個と□1個で6g、○2個で6g。あっ!!」

私 「ユリイカ!」

ヒロ「……何それ」


その後、条件整理と計算を繰り返しながら

見事に正解にたどり着きました。

答えがわかったとき、ヒロが抱きついてきました。

よほど嬉しかったのでしょう。

*********

この問題は、よく練られていました。

正解にたどり着くまで、加減乗除すべてを要します。

線分図などを使っていては解けません(使いませんが)。

思考力と計算力の両方が試されます。

日々、黙々と勉強することも大切ですが、

こういった解けたときの感動体験こそ大切にしたいと実感しました。


<算数>
・計算ドリル2枚
 (大きい数の引き算復習、大きな数復習)
・算数ラボ1問(9級・ステージ3)

<国語>
・漢字ドリル2枚(小2)
・文章読解(小2)
・読書
 「おばけもビックリ 語源の話」岩崎書店


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。