FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数の先取り学習について

反省でもあるのですが、

小1の秋までは、進度・量ともに

それなりの負荷をかけて進めていました。

いわゆる「先取りのための先取り」です。

しかし、ヒロ自身が「負担だ」と表明したので、

いったん先取り学習は休止。

以降は、量ではなく質を重視した学習に切り替えました。

毎日1~2枚のドリルを進めていると、

結果的に再び先取りになりましたが、

自然な進度なので、負担を感じていないようです。

************

本人の意向や能力、日々の積み重ねなどから、

結果的に先取りになることに関しては

問題ないと思うのですが、

親が無理矢理に押し込む(詰め込む)先取りには、

何一つ、利点があるように思えません。

相当の学年になるとすぐに理解できることを、

低学年で時間を使って、かつ負荷をかけて行う

合理的な理由があるのでしょうか?

************

低学年のうちに取り組むべき主な課題は、

①学習習慣をつけること

②学習を楽しいと思うこと

③考える習慣をつけること

④自己管理能力をつけること

の4つではないでしょうか。

親主導で高進度の学習をしたり、

どんどん検定の級を進めていく行為は、

一見子どものためになっていると思え、

また優越感ともいえる快感を得るのですが、

先々を考えると、どうなのでしょうか。


親のための子どもの学習ではなく、

どうすれば子どものための学習に導けるか。

今一度、考えてみようと思っています。


にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。